<都立中高一貫校>報告書の特徴・内容と対策(2)各校の特徴

<都立中高一貫校>報告書の特徴・内容と対策(1)では

報告書の形式や内容など、報告書がどのように書かれて、どのように利用されるかを

テーマに書きました

<都立中高一貫校>報告書の特徴・内容と対策(1)
都立中高一貫校の受検(受験)で適性検査とともに合否に大きく作用する「報告書」について、特徴・内容と対策を解説。小石川、両国、武蔵、桜修館など各中等学校・都立中学別の適性検査と報告書の配点と割合もまとめました。

このページでは、より深く、都立中高一貫校の受検にて、小石川、両国、武蔵、桜修館など

個々の学校の報告書の扱いについてまとめていきます

下の表が各学校別の適性検査と報告書の配点と割合になります

桜修館中等教育学校は比較的、報告書重視(30%)

反対に、富士高校付属中学校は、適性検査重視(82%)

小石川中等教育学校と武蔵高校付属中学校は適性検査が75%

そのほかの、両国高校付属中学校などの学校が適性検査80%

大まかには報告書の割合は20%弱から30%と覚えておくといいでしょう

しかし、報告書の点数で注意しなければいけないのは、

適性検査と報告書の配点割合だけでありません

報告書の評定の「よくできる」から「もうしこし」までの三段階の成績の差でうまれる

点数差についても理解が必要です

成績の点数化と各校の違い

まず、点数差とはですが… そんな正式な言葉はありません、ここで便宜的に使う言葉です

前提として、報告書は5年、6年次の三段階の成績が点数化されて受験の合否に関わります

三段階の評定(成績)、「よくできる」「できる」「もうすこし」が

それぞれ点数に置き換わった時

・「よくできる」と「できる」の点数の差(三段階の3と2の差

・「よくできる」と「もうすこし」の点数の差(三段階の3と1の差

・「できる」と「もうすこし」の点数の差(三段階の2と1の差

点数の差が学校によって異なることを知っておきましょう

例として、小石川と白鷗で比較します

小石川・白鷗は、総合成績の満点がそれぞれ、800点・1000点です

1教科の評定(成績)3と1が、総合成績の満点に対するそれぞれの点数は

<小石川> 評定3:12.5点/1.56%(8教科×2年で換算点満点の200点・25%)

<白鷗>  評定3:12.5点/1.25%(8教科×2年で換算点満点の200点・20%)

<小石川> 評定1:2.5点/0.31% 

<白鷗>  評定1:3.1点/0.31%

とあまり変わりません。しかし、評定(成績)が2では、

<小石川>評定2:10点/1.25%

<白鷗> 評定2:6.3点/0.63%

価値が倍違います

2の個数によりますが、点数に換算すると数点から数十点の差が出てしまいます

要は、報告書(成績)で2が多い児童が、小石川か白鷗を受検する場合で比べると、

小石川適性検査で挽回しやすく白鷗報告書を重視しているので挽回が難しいといえます

各校の報告書配点

報告書における評定の点数は各校で違いますが、共通することは

評定1を取らないようにする!!

これに尽きます。

評定2であれば適性検査で挽回できます、でも

評定1が複数個あったら、よほど適性検査で高得点を取らない限り厳しいです

 受験(受検)勉強だけに力を入れて、他の教科をないがしろにする児童は、中等教育学校や高校の付属中学校といった都立の中高一貫校への適性に欠けるという東京都や各校からのメッセージといえます

小石川中等教育学校

小石川の受検では、総合成績800点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で600点満点

報告書は200点満点で全体の25%で、総合成績に占める割合は一般的です

報告書の点数では評定の3と2では1.25倍の違いしかありませんが

2と1では4倍の大きな違いがあります

5・6年次の評定(成績)で「もう少し」・「がんばろう」といった

1の成績を決してとらないことが大切です

<小石川中等教育学校の基本・受検・進学情報>

https://toritsu-chugaku.com/koishikawa/

白鷗高校附属中学校

白鷗の受検では、総合成績1000点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で800点満点(ⅢはH30年度より)

報告書は200点満点で全体の20%で、総合成績に占める割合は一般的です

報告書の点数では評定の3と2と1、それぞれ2倍づつの違いがあります

白鷗では、3と2の差も2倍ついているので、

5・6年次の評定(成績)全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

両国高校附属中学校

両国の受検では、総合成績1000点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で800点満点

報告書は200点満点で全体の20%で、総合成績に占める割合は一般的です

報告書の点数では評定の3と2では1.5倍の違い、

さらに2と1では9倍弱の大きな違いがあります

5・6年次の評定(成績)で「もう少し」・「がんばろう」といった

1の成績を決してとらないことが大切です

桜修館中等教育学校

桜修館は、総合成績1000点満点中、適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱの合計で

700点満点報告書は300点満点で全体の30%で、

総合成績に占める割合では、都立中高一貫校の中で最も報告書重視の学校です

報告書の点数では評定の3と2では1.47倍の違いで、

2と1では約2倍の違いがあります

比較的、白鷗と同じく、5・6年次の評定(成績)

全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

富士高校附属中学校

富士の受検では、総合成績1100点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で900点満点

報告書は200点満点で全体の18%で、総合成績に占める割合は

都立中高一貫校の中で最小・適性検査重視です

報告書の点数では評定の3と2では1.67倍の違い

2と1では3倍の違いがあります

総合成績に占める、報告書の割合は少ないのですが、評定間の差がそこそこあるので

5・6年次の評定(成績)全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

大泉高校附属中学校

大泉の受検では、総合成績1000点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で800点満点

報告書は200点満点で全体の20%で、総合成績に占める割合は一般的です

小石川と同じく、報告書の点数では

評定の3と2では1.25倍の違いしかありませんが

2と1では4倍の大きな違いがあります

5・6年次の評定(成績)で「もう少し」・「がんばろう」といった

1の成績を決してとらないことが大切です

南多摩中等教育学校

南多摩は、総合成績1000点満点中、適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱの合計で

800点満点報告書は200点満点で全体の20%で、

総合成績に占める割合は一般的です

報告書の点数では評定の3と2と1それぞれ2倍、2.5倍の違いがあります

南多摩では、評定間で2倍以上の差がついているので、

5・6年次の評定(成績)全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

立川国際中等教育学校

立川国際は、総合成績1000点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱの合計で800点満点

報告書は200点満点で全体の20%で、総合成績に占める割合は一般的です

報告書の点数では評定の3と2と1それぞれ2倍の違いがあります

立川国際では、評定間で2倍以上の差がついているので、

5・6年次の評定(成績)は全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

武蔵高校附属中学校

小石川の受検では、総合成績1600点満点中、

適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの合計で1200点満点

報告書は400点満点で全体の25%で、総合成績に占める割合は一般的です

小石川と同じく、報告書の点数では

評定の3と2では1.25倍の違いしかありませんが

2と1では4倍の大きな違いがあります

5・6年次の評定(成績)で「もう少し」・「がんばろう」といった

1の成績を決してとらないことが大切です

三鷹中等教育学校

三鷹は、総合成績1000点満点中、適性検査が適性検査Ⅰ、Ⅱの合計で

800点満点報告書は200点満点で全体の20%で、

総合成績に占める割合は一般的です

三鷹は、報告書の点数では

評定の3と2では2倍の違い2と1では4倍の大きな違いがあります

評定間の差があるので、5・6年次の評定(成績)では

全教科3の成績を取りこぼさないことが大切です

スポンサーリンク