<都立中高一貫校>武蔵・両国など「併設型」都立中学の高校募集停止

スポンサーリンク
タイトル_都立中学_併設型_募集停止
この記事は、都立中高一貫校(都立中学)の内、「併設型」都立中高一貫校(白鷗、両国、富士、大泉、武蔵)の高校募集停止・中等教育学校化について書いたものです

 

もう前になってしまいますが、2018年の7月に以下の記事を書きました。

<都立中学>併設型中高一貫校は中等教育学校へ移行する方向に
都立中高一貫校(都立中学)には、小石川など中等教育学校と武蔵など併設型中高一貫校があります。併設型の中高一貫校では6年一貫の教育ができないこと(先取り学習)の問題や、内部進学者と高入者の意識・学力・部活動の成績に大差があるため中等教育学校化される方向です。

 

この記事は、直前に東京都教育委員会が出した都立中高一貫教育校検証委員会報告書が、現在の「併設型」都立中高一貫校では、(6年一貫教育のメリットが受けられないなど)課題が、現在の延長線では解決できないとの認識に驚いて書いたものです。

 

記事の最後に、「併設型」の「中等教育学校化」が推進されると結論付けましたが、早速その動きが「併設型」の高校入試の募集停止という形で現れてきました。

 

都立_両国_武蔵

 

都教育委員会は都立高校の改革推進計画の骨子案を公表し、都立の中高一貫校10校のうち、高校からの入学も受け入れている「併設型」の5校について、高校の生徒募集を将来的に、停止する方針を明らかにした。停止時期は未定で、今後、都民からの意見も参考にして検討を進め、来年2月に計画を公表する。産経新聞12月4日付より

 

高校入試を停止した上で中学での募集数を増やす方針のようです。

 

まだ、高校入試の停止時期は未定とのことですが、併設型各校とも、高校での倍率は1倍前後と人気がないのに反比例して、中学での倍率は5倍から7倍と高いものがあるため、早急に動くと思われます。

 

「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(案)」の骨子

《御意見募集》「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(案)」の骨子について|東京都教育委員会ホームページ
東京都教育委員会のホームページ。事業内容、入試、都立学校、教職員採用、教員免許、生涯学習などの情報をお伝えします。

 

中高一貫教育校の改善・充実
・中高一貫教育校の特色を生かし、10校が連携して生徒同士が切磋琢磨する機会を創出
併設型中高一貫教育校では、高校段階からの生徒募集を停止するとともに、中学校段階からの高い入学ニーズを踏まえ、中学校段階での生徒募集の規模の拡大を含めて検討

 

もちろん、都の学校ですので、上のリンク先でパブリックコメントの募集(2018年12月21日まで)を行い、検討した上での実施になります。

 

ただ「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)」の計画年度は2019年から2021年の3年間ですので、2021年までには「併設型」も「中等教育学校」化されることになります。(資料では実施時期「未定」:「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(案)」の骨子 概要版p3)

 

今まで&今後予想されるスケジュール

2018年

6月:都立中高一貫教育校検証委員会報告書」の公表

11月:「併設型」高校の募集停止を含む「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(案)」の公表

12月:「都立高校改革推進計画」に対するパブリックコメント募集

 

2019年

3月までに:「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)」を策定・公表

※参考:(第一次)計画は2月に公表しました

 

2021年までに:高校募集停止の上、中学募集のみ実施

対象:白鷗高校・附属中学校、両国高校・附属中学校、富士高校・附属中学校、大泉高校・附属中学校、武蔵高校・附属中学校

 

ということで、都立中学10校が完全中高一貫校になること、中学での募集人員が、白鷗、両国、富士、大泉、武蔵で増えることが、2021年までに進められていくことになりそうです。

コメント