都立中高一貫校の学校紹介、受験・塾の情報をまとめ

都立中学・都立中高一貫校の受験情報

白鷗 ニュース 富士

<白鴎・富士>2019年の大学合格実績が気になる<併設型・先取り学習>

更新日:

 



 

都立高校の退学者数について(重点校・中高一貫校)

都立高校の中でも、トップの進学指導重点校に加えて、続くレベルの進学指導特別推進校。それに併設型の都立中高一貫校、それぞれの3か年にわたる補欠募集者数を整理します。

※小石川など、中等教育学校は補欠募集をしないので対象外
※在籍生徒数は資料により数名程度の誤差があると思われます
※ここで記載されている補欠募集者は「保護者の転勤等による都外からの一家転住者」以外(「一般」)の数値です

 

そして前提として、私立中高一貫校はこのような情報は公表しないので、私立との比較はできません。つまり、私立中高一貫校はもっとひどい状況かも知れませんし、いい状況かも知れません。

 

進学指導重点校 補欠募集者数(3か年)

<まとめ>
「日比谷」「西」「国立」などの進学指導重点校では、補欠募集者数(=退学者数)は、多くても数名で、総じて1%以下。低位で推移しています。

 

学校名H28年度H29年度H30年度生徒数
合計
H28年度
退学率
H29年度
退学率
H30年度
退学率
1年2年3年1年2年3年1年2年3年
日比谷2202222129510.4%0.6%0.5%
戸山2102012049480.3%0.3%0.6%
青山2002202019510.2%0.4%0.3%
西2122202119480.5%0.4%0.4%
八王子東2232122219480.7%0.5%0.5%
立川2242232229480.8%0.7%0.6%
国立2212222229480.5%0.6%0.6%

Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

進学指導特別推進校 補欠募集者数(3か年)

<まとめ>
今年から進学指導特別推進校になった「小松川」を除いては1ケタ。進学指導重点校よりは高めの傾向がありますが、それでも低位で推移しています。

最も高い退学率は、H30年度「小松川」の1.6%。

 

学校名H28年度H29年度H30年度生徒数
合計
H28年度
退学率
H29年度
退学率
H30年度
退学率
1年2年3年1年2年3年1年2年3年
三田2102111118220.4%0.5%0.4%
新宿2202122019480.4%0.5%0.3%
小山台2222082019480.6%1.1%0.3%
駒場2002232238280.2%0.8%0.8%
町田2052002299510.7%0.2%1.4%
国分寺2222322259480.6%0.7%0.9%
国際0040000006750.6%0.0%0.0%
小松川25126623109510.8%1.5%1.6%

 

併設型都立中高一貫校 補欠募集者数(3か年)

<まとめ>
併設型都立中高一貫校では、レベルの近い進学指導重点校や進学指導特別推進校と比較して、顕著に多くの補欠募集を毎年しています

 

その中で、年度によりあまり波がないのは、「武蔵」の1.5%~1.7%と、「大泉」の2.2%~2.7%、「富士」の4.1%~4.6%です。

 

「富士」の退学率はかなり高い一方、比較的武蔵」は低い退学率で維持しており、併設型都立中高一貫校として安定しているといえます。

※中等教育学校においては後期課程の募集がないので調査対象外

 

学校名H28年度H29年度H30年度生徒数
合計
H28年度
全学年
退学率
H29年度
退学率
H30年度
退学率
1年2年3年1年2年3年1年2年3年
白鴎270412998166901.3%3.6%4.8%
両国261322112215403.9%2.8%0.9%
富士1167414724165404.4%4.6%4.1%
大泉25733102565852.4%2.7%2.2%
武蔵2432342176001.5%1.5%1.7%

Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

白鴎・富士の共通点と来年の大学合格実績

ここからが個人的に注目しているところです。

 

白鴎・富士の来年の大学合格実績で、併設型都立中高一貫校の今後の方向が確定される

 

白鴎の今年の3年生の補欠募集推移数:16名
H29年度に2年生として "12名"。H30年度(今年)3年生として "16名" を募集。(1年の時は "2名" )

富士の今年の3年生の補欠募集推移数16名
H28年度に1年生として "11名" とH29年度の2年生として "14名" とH30年度(今年)の3年生として "16名" を募集

 

白鴎は1学年だいたい230名、富士は1学年180名ですので、3年間でいなくなった人数は...

白鴎  16名/230名(7.0%)

 

富士    16名/180名(8.9%)

 

そして、
同級生が17%~23%いなくなった、この学年の生徒が大学受験をすることになります。

もともと、” 併設型 ”の中高一貫校の中でも、白鴎・富士はともに先取り学習をする学校です。
(あと武蔵も。)

 

ここからは個人の想像になりますが

1年は内部生と高入生別クラスで、2年から混合クラスになります。
もしかすると、この2校ではクラス運営が順調ではないのかもしれません。
特に高入生がついて行けていないかも。

 

また、中退者が多いということは、実績へのプレッシャーが強いのではないでしょうか?

 

特に「富士」は東京都の大学合格実績の評価基準(①難関国立 ②国公立+早慶上智 ③GMARCHR)では、厳しいところにあると思われます。

(詳しくは以下の記事を参照してください)

https://toritsu-chugaku.com/jyutenko/

 

そして、「都立中高一貫教育校検証委員会報告書」で併設型を6年一貫にする方向が打ち出されています。感想などは上の記事に書いていますが、今回の数字を見ると、「先取り学習をしている併設型において、学校運営の難易度が高く、高入生が学習の進度や環境について行けていない生徒がある程度発生してしまう」と東京都が認識している可能性があります。

 

一方、武蔵が小石川に並ぶ合格実績を出した現在、多くの補欠募集を出しつつ、同じようなカリキュラムを持つ白鴎と富士からどのような実績が出るか、来年また実績が出た時点で評価したいと思います。

 

<おすすめ記事>

https://toritsu-chugaku.com/sakidori/

https://toritsu-chugaku.com/heisetsu_demerit/

<本記事に関する元データはこちら>

平成28年度 第二学期 補欠募集(転学・編入学) 全日制課程
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2016/07/DATA/22q78100_03.pdf

平成29年度第二学期都立高等学校補欠募集(転学・編入学)実施結果 学校別一覧【全日制課程】
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/admission/high_school/archives/transfer/files/subtutitute_2_2017_result/zenniti_itiran.pdf

平成30年度第二学期都立高等学校補欠募集(転学・編入学)実施結果 学校別一覧【全日制課程】
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/admission/high_school/transfer/files/release20180629_01/betten3.pdf

平成30年度都立高等学校等第一学年生徒募集人員
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/12/documents/20_01.pdf

都立中学校・中等教育学校 学校経営シート
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/school/secondary_school/links.html

 

 

 


Z会

 

-白鷗, ニュース, 富士

Copyright© 都立中学・都立中高一貫校の受験情報 , 2019 All Rights Reserved.