都立中高一貫校の学校紹介、受験・塾の情報をまとめ

都立中学・都立中高一貫校の受験情報

受検・適性検査

<2019一般枠>都立中学・中高一貫校応募状況と志望動向

更新日:

 



 

教育委員会より都立中学・中高一貫校の応募状況が発表されました。

 

それをベースに今年の志望動向の特徴と変化をまとめます。

記事の最後に全校の男女別応募者数・倍率・昨年度との変化をまとめた表を掲載しています。

 

都立中学・中高一貫校の応募状況と合格者選定方式

都立受検(受験)の合格者選定の基本は、適性検査と報告書ですが、

詳しくはコチラ

https://toritsu-chugaku.com/jyuken/

 

より具体的な合格者の選定は...

①男子・女子それぞれ募集人数が決まっている。

具体的には募集人員が男子80名、女子80名なら、男子得点1位から80位までが合格。女子得点1位から80位までが合格なので、男女の合格最低点は異なる。

 

②特別枠がある小石川・白鴎は、特別枠合格者を募集人員から抜いた数が一般枠の合格者になる

具体的には小石川の特別枠合格者(男子1名、女子0名)とすると、募集人員は男子80名、女子80名なので、一般枠では男子79名、女子80名の合格になる。

 

2019 都立中学・中高一貫校の応募人数・倍率まとめ

人気校の動向(小石川・白鴎・両国など)

人気校①小石川:男子応募者減だがいまだ高倍率・女子増

 

人気校②武蔵:女子増・男子横ばい

 

人気校③両国:男子増・女子横ばい

 

人気校④桜修館:女子増、高倍率・男子横ばい

 

人気校⑤白鴎:男女とも微減

 

昨年との相違

※倍率に関して、小石川・白鴎は特別枠合格者を考慮せず。

 

倍率上位校
男子:両国:6.78倍、小石川:6.57倍、大泉:6.25倍
女子:白鴎:8.26倍、三鷹:7.50倍、桜修館:7.48倍

 

倍率の変化

・三鷹の女子に注目(昨年比100人増)それ以外にも武蔵、奥多摩など多摩地区の女子倍率が上昇

 

主な倍率動向
男子↑:両国  男子↓:大泉、小石川、立川国際
女子↑:三鷹、武蔵、南多摩、小石川  女子↓:大泉

 

2019 都立中学・中高一貫校の応募人数・倍率一覧表

 

学校名募集人員応募人員倍率
男子女子合計男子前年差女子前年差男子前年差女子前年差
小石川7777155506-47526406.57-0.616.830.52
白鴎6565130395-16537-106.08-0.258.26-0.15
両国60601204073840526.780.636.750.03
桜修館808016037810598354.730.137.480.44
富士6060120261-9311-224.35-0.155.18-0.37
大泉6060120375-51394-326.25-0.856.57-0.53
南多摩808016042013489545.250.166.110.68
立川国際6565130259-35349-63.98-0.545.37-0.09
武蔵60601203027291515.030.124.850.85
三鷹8080160478136001095.980.167.501.36

※小石川・白鴎は特別枠合格者が発生すると合格者定員が変わりますので仮の数字です。

 


Z会

 

参考記事

https://toritsu-chugaku.com/h30_bairitsu/

https://toritsu-chugaku.com/jyuken/

https://toritsu-chugaku.com/kensa/

-受検・適性検査
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 都立中学・都立中高一貫校の受験情報 , 2019 All Rights Reserved.